消費者金融におきましては、決まった金額以上の貸付を希望するときは収入証明書がマストとなります。「収入証明書が原因となって近親者に見抜かれてしまうのではないか?」と恐怖を抱く人も少なくないようです。審査をクリアするのが比較的高難度とされる銀行発のフリーローンは低金利だと言え、消費者金融発のものを利用するのと比較しても、ずっと返済額を安くすることができるのが利点です。収入がゼロの状態では、総量規制の対象となるキャッシング企業からは通常は貸付してもらえません。ですから専業主婦が借り入れできるのは、銀行のみと言えます。貸す側である金融機関は、「お金を借りることになる人が確かに稼ぎがある」という裏付け作業を行なうことが必要です。